Profile
ブログパーツUL5
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
New Entries
Links
Category
Archives
Search
Sponsored links
mobile
qrcode
バットを詰める…ニンフィングテクニックへ
雑誌などで”リーダーのバット側を詰めます”

こういう記載を見られた方もいると思います。
ではどういう時にバットを詰める必要があるのでしょうか。

一般的に購入したテイペットの長さは7.5ft〜14ft程度で用途に合わせて結びますので通常バットを詰める必要性など無い訳です。

それではバット側を詰めるとどうなるか?
リーダー全長は当然詰めた部分だけ短くなります。先端側はテイペットサイズの径のままです。

様々な理由でバットを詰めてリーダー長を変える人も居ると思いますが、私の場合を一例として。そしてルースニングについて私なりのやり方をご紹介します。
*あくまで一例で私自身も今後変える場合もありますので参考までに

ルースニング(Loose=緩める)、私のニンフを使用した場合の釣り方は緩めません。管理釣場でマーカー釣りの場合にフライを打ち込んだ後、一度手前のラインをたぐって全体の緩みを取りますね。
これはシステム全体に張りを持たせ当たりを明確に出したいためです。

同様に渓流でニンフを使用した釣り(以下ニンフィング)の場合も緩みがあればマーカーに当たりが出ませんから緩めないのが良いと考えます。

画像をご覧ください。


この二つの流れに対してアップでニンフシステムで打ち込みます。
マーカーを使った場合に当たりが明確に出るのはどちらでしょうか?

もちろん、No.1となります。流れがあるためライン操作をすればマーカーが先行で自然に流れやすく当たりが出やすいためです。こういった流れこそニンフィングでは強い釣り方になります。

アップに打ち込み、”マーカーがフライよりも先行”、”システムに流れ緩みが無い”これであればフライを魚がくわえれば当たりが明確に出る訳です。No.2はプール状になっているためマーカーへの反応は出ずらくなります。

これがニンフィングの釣りの基本の考えの一つです。

1.アップ、もしくはアップクロスに打ち込む
2.マーカーがフライよりも先行して流れること
3.当たりを明確に出すためシステムを緩めない=>下流にメンディングします

よく、”ルースニングでは微妙な変化があったらとりあえず合わせる”
こう言われますがその通りでなかなかマーカーに当たりを出すのは難しいですが上記の動作を行うことで”微妙な当たり”がマーカーに出やすくなります。その微妙な当たりを拾っていく訳です。

また張り=テンションを掛けてますので魚がフライをはき出すのも当然早くなりますのでマーカーに反応したときは”即座に強く”引き抜きます。


バットを詰める…ここに戻りますが上の3.の操作で下流にライン操作を頻繁に行います。そのためにはリーダーが14ftもあったら…無理でしょう。
下流にライン操作を頻繁に行いマーカー先行操作を行うためにバット部分を詰めてライン操作を楽にするのです。

ドライのシステムとニンフィングのシステムではリーダーを変更するため私はフライ先端部分をループ処理にします。

ここまでがフライのループ処理からのワンポイント情報となります。
ご参考までにお試しください。

フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | 釣り-ちょっとした工夫- | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:47 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック