Profile
ブログパーツUL5
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
New Entries
Links
Category
Archives
Search
Sponsored links
mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
チューブフライ タイイングの道具-2-
チューブフライシステム2
チューブフライを巻く…久々の続きになります。

前回ご紹介した道具は画像の用にセットします。


バイスにチューブを通すためには直接チューブは付けられませんのでチューブを通して固定するための棒型のものを画像の黒い中に通し、バイスに取り付けます。
これが一般的なセットアップ状態となりこの棒にチューブを通して固定、そこからタイイングを始めることになります。

画像の棒形の先にはスレッドを巻いてあります。

チューブサイズによってタイイング時に回転してしまうことがあるため
ここにグッと押し込んでチューブが回らないようにしてあります。

綺麗では無いですが(笑)


フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
チューブフライ タイイングの道具
チューブフライ用の道具
チューブフライを巻くためには道具が必要になります。

左上のものをバイスに取り付けます。
右の棒状のものにチューブを入れて固定します。
これらはセットで販売されています。

チューブの径に合わせて数本棒状の物が同梱されていますので適したサイズの棒に購入したチューブを奥まで差し込みます。
この時にチューブが回ってしまうので私は根本の方にスレッドを巻いてチューブが固定できるようにしています。

チューブを取り付けたこの棒状の部分をバイスに取り付けた左上の口に差し込んでチューブをバイスに固定してタイイングを始めます。

フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
チューブとウオディントン
チューブとウオディントン

一番上がアルミ製、その下のタイプがカッパーと呼ばれるチューブタイプです。サワダ社から出ているタイプですがこの他にプラスチック製の物があります。それぞれ重さが違い使用時のフライ自重による沈下速度が変わってきます。軽い順からプラスチック、アルミ、カッパーとなります。
またそれぞれのタイプ毎に長さも各種あります。

一番下のフックがウオディントンです。
このタイプは通常のフック部分が無いようなタイプです。

いずれにしてもこれらのフック、チューブにドレッシングを施します。

フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
チューブフライのシステム
チューブフライシステム

これまでチューブフライをお買い求め頂いたお客様には再度御礼申し上げます。

さて、チューブフライ、ウオディントンタイプなどウエットフライには色んな形式のフライがあります。
お買いあげ頂いたかた、ご検討されている方に使い方についてご説明です。

画像を見て貰いますと一目瞭然ですが、このようにチューブフライの上からテイペットをチューブ内部に通します。
次にシリコンパイプを通し、最後にフックを留めます。
*シリコンパイプはオレンジタイプをおつけする場合もあります。

シリコンパイプはチューブのドレッシングの余白部分に取り付け、フックをテイペットに結んで上から引っ張り固定します。引っ張ることでフックの遊びが無くなります(逆にここを緩めればフックが可動します)

これらチューブフライ、ウオディントンタイプのメリットはフックの刺さりが甘くなってきた場合や欠けた場合にフック交換が出来ることです。
一般的なフックでドレッシングされたフライはフックが割れた場合、やっとこ巻いたドレッシング部分も使えなくなり捨てるしかありませんが、チューブフライなどはドレッシング部分を長く使用できることがメリットとなっています。

次回、チューブ、ウオディントンについて少し説明を加えていこうと思います。


フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コックデレオンのマダラ模様
コックデレオン

著名な素晴らしいタイヤーである備前氏もそうらしいですが私もコックデレオンのマダラ模様ヘチです。
このレオンハックルが持つマダラの模様にはとてもそそられます。

このマダラ模様を生かすために私はドライフライではテール部分に良く使います。なんか効きそうで(^^)
ウエットフライだけでなくレオンのマダラ模様をうまく生かすことが出来ないか考えることが多いです。

またドライハックルでよく使用されるハックルにあるジンジャー模様ヘチでもあります(笑)。
グレズリーなどと違い、独特の模様がよろしいですね


フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハックルケープの違いについて−6−(ヘンとコックの違い)
ヘンハックルとコックハックルの見た目

画像は同じコック・デ・レオンのヘンサドルのハックルです。

画像上のは左側画像はヘン、右側にコックとなっています。
ウエッブの先がかなり違いますね。
同じ種類の鶏でも雄と雌でこれだけ違いがあります(当たり前ですが(笑))。

画像下は(左右逆ですが)、左側にコックハックルを巻いてあります。
こちらはフォルスで止めています(フォルス処理は今後ご説明していきます)
右側のヘンハックルは先端を止めて数回ハックリングして下向きに止めた絵です。
どちらもウエットのスロートとして効果があります。

ヘンハックルはこういったスロート部位に使う以外は使用用途は非常に少ないです。
ファイバーがとても柔らかく流れの中でゆらゆらと泳ぐ感じがしますね。
逆にコックハックルはヘンよりは固くなります
  
ドライ派の方はあまり意識されたことが無いと思いますが、ヘンハックルとコックハックルの見た目から巻いた感じが少しは参考になるでしょうか?


フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハックルケープの違いについて−5−(ヘンとコックの違い)
レオンのヘンとコックハック

これまで見てきたコックハックルは雄鶏のケープです。
他にヘンハックルという雌鶏のケープがありますね。
このコックとヘンのケープはとても大きな違いがあります。

画像左側はコック・デ・レオンのヘンサドルです。右側は同じコック・デ・レオンのコックサドル。(ちょっとサドルでは分かりずらくてすみません)

見た目からするとヘンハックルは短く少しストークの内側に丸みがありいかにも柔らかそうな感じがあります。

コックハックルとヘンハックルについてもファイバーや巻いた感じでこれから見ていきます。


フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハックルケープの違いについて−5−(コックハックルの用途)
今回はコックハックルのまとめとなります。


前回のハックルタイイング画像で見ますとどちらでも使えそうな感じがあります。

では、ドライ用とされているハックルをウエットフライに巻くと、についてですが、巻いてみるとウエットフライでは密度が濃いハックルを使用するとファイバーのハリが強すぎます。ウエットパターンにはボデイー全体をハックリングングするパターンがたくさんあります。

通常これらのパターンではフックの上にクイルやファイバーを乗せますのでハックリングしたファイバーを指で下に”なで”つけますが、ハリが強いためピンピンになります。
巻いてみると分かりますがファイバーが固いため上のクイルやフェザーのオーバーウイングを壊してしまったりします。
感覚的にはEHCのスタンダードパターンの上にエルクを乗せるときにフック上部のファイバーをカッテイングする方も居ますがこれはファイバーのハリが強いためです。

ウエットでの泳いで誘う〜という意味合いでもこの用途には難しいと思います。インドケープなどの柔らかいファイバーが向いています。
ただスロートとなる部分にフォルスハックルで取り付けて使う、など他の用途で使用することが可能です。

次にドライフライにインドケープなどを巻くとどうなるでしょうか。
ストーク自体の長さが短いのでハックリングの量が足らなくなります。またハリも弱いため浮力は弱くなると思います。
ではダメか?というと、個人的には時たま使用することがあります。
パラシュートパターンのようなハックリングは浮力、長さ的にも厳しいですがミッジの水面直下タイプのパラパラ〜っとしたハックリング処理や、コック・デ・レオンなどもそうですが色味が面白い場合があるためドライのテールに使ったりします。

まとめますと、それぞれのハックルはドライ用、ウエット用とされているのはパターンに合わせて改良されています。
そのためコックハックルはパターンによって向き、不向きがあります。

しかし、”これはダメ”という固定概念を捨てて、”どこかの部分にトッピング的に使えないか?”こんなことを頭に入れてハックルそれぞれの良さを探してみていくとおもしろいと思います。

ウエットタイイングはそれ自体が決まりなど無い独創性の高いタイイングです。
タイイングの楽しさであり手持ちのテクニック、オリジナリティーが増えてくるでしょう。

フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハックルケープの違いについて−4−(コックハックルの違い)
二つのタイプのハックリング

画像、左側に巻いたのはインドケープ。右側がホワイテイングのハックルで一つのフックに一緒に巻いてみました。

見た感じでは如何でしょう?
ファイバーの長さといいハリといいあまり違いが見えません。
右側のハックルは長いですからまだ巻き残し部分がたくさんある…のは間違いないですね。
これでみるとどちらのハックルでもウエット、ドライに係わらず汎用的に使えそうですね。

この点に注目していきたいと思います。
うまく行けば手持ちのハックルでウエットにもドライにも使え経済的ですからね楽しい

今回はまずハックルの根本的な違いについてまとめてみましょう。

右側のハックルはホワイテイング社などで改良が施されて行った結果、
1.ストークは長く、均等の長さの密度の濃いファイバーがたくさん付いています。
2.ファイバーは柔らかく油脂があり浮力が出るように改良されています。
ファイバーの密度濃いのでドライ用に巻けば隙間なく綺麗に仕上がります。良質なハックルです。

左側のインド、チャイニーズといったケープはハックルの長さが短く通常タイイングに使う所(ストークが爪で折れる場所)から先端まで均等な長さの部分がほとんどなく均等ではありません。
使える部分が少なく(画像の手前のハックルのあまってる部分と比較)ストーク、ファイバーとも柔らかく密度の濃さもかなり落ちます。

ハックルの見た目違いについてはこのような感じです。

次回、それぞれのハックルをウエット、ドライに巻いた場合についてまとめてみます。

フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハックルケープの違いについて−3−(コックハックルの違い)
コックハックル

ドライフライ用コックハックルは値段が高く一番上のグレードになると1万円以上するのが相場です。逆にウエット用ケープはたいがい3000円前後と安くなっています。

画像はハックルゲージで図った#10サイズのインドケープとドライ用ホワイティングのハックルです。左側がインドープ、右側がホワイティングです。

見た目だけでもこれだけハックルの大きさの違いがあります。
こう見るだけでもドライ用とウエット用、どちらでも使えるか…という点では違和感ありますね(^^;

では実際にそうなのでしょうか?

お手持ちのドライフライ用に購入したハックルでウエットフライが巻けるのではないか?
逆に安いインドケープを購入してドライフライに使えば良いのではないか?

次回、これら二つのハックルをタイイングしながら違いを見ていきます。

フライセレクション

にほんブログ村 釣りブログへ
posted by: リトルライズ(完成品フライ:フライセレクション) | タイイングに関すること | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-